20代にもある!女性の加齢臭|4つの原因と臭いを消す生活習慣

20代加齢臭

「何だか私、臭がられてる・・・?」

人の反応を見てそう思ったことはありませんか?
最近のアラサー以上女性にこうした人が増えているんです。

原因はなんと「加齢臭」。

「加齢臭って男の人にしかない物じゃないの!?」
「もっと歳を取ってから臭うものじゃないの!?」

そう思われるかもしれません。

 

でも、女性にも加齢臭はありますし、30代にもなれば加齢臭が発生する可能性は充分にあるんです。

 

早ければ20代からでも加齢臭が発生することがあります。

一般的に加齢臭と呼ばれているものは「ノネナール」という物質の臭いです。

これは皮脂が酸化したときに発生する物質だと言われています。

 

もっと詳しく言うと、「過酸化脂質(活性酸素によって皮脂腺の中にある脂質が酸化してできる物質)」と、「パルミトオレイン酸(脂肪酸)」が合わさることで発生する物質です。

・・・と、「そんな難しいこと言われても」と思いますよね。
重要なのはそれを消し去る方法です。

まずはなぜノネナールが発生するのか、原因を見ていきましょう。

 

1つではない!加齢臭が発生する代表的な4つの原因

7d43a0ada1c2f41f48fbdcd8424ba7c1_m

ノネナールが発生する原因は1つではありません。
その人の生活によって、さまざまな原因からノネナールが発生しています。

いくつか原因を紹介していきますので、自分の生活と照らし合わせて考えてみてください。

 

1.女性ホルモンのバランスが崩れている
女性はもともと、体の中に女性ホルモンだけでなく男性ホルモンも有しています。

女性らしい人、女性らしい時は男性ホルモンよりも女性ホルモンが優位に立っている状態なのです。

逆に女性の中でも身体的に男性らしい人・・・男らしい体をしている、顔の産毛が濃くヒゲのようになっている・・・こうした人は、女性ホルモンよりも男性ホルモンが多くなっている状態です。

ストレスが多すぎると、ホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。
女性ホルモンは減少し、戦うため、働くために必要な男性ホルモン「テストステロン」が多くなってしまうのです。

この状態になると、男性と同じように加齢臭が出ることがあります。

 

2.脂性肌・汗っかき
皮脂が過剰に分泌されていると、酸化する皮脂の量がその分多くなります。

結果、加齢臭に繋がることがあります。

頭がいつも皮脂でぺっとりとしている、汗っかきであるなど、皮脂が多いと自覚している人は、これが原因かもしれません。

 

3.毛穴に汚れが詰まっている
毛穴に汚れが詰まった状態で放置していると、体が皮脂を分泌してもなかなか肌表面に出てこられない状態になってしまいます。

そうなると、脳は何とかして肌表面に皮脂を分泌しようと、多くの皮脂を分泌させます。

結果、皮脂が多くなり、ノネナール発生に繋がります。
毛穴が汚れている分、雑菌も多いので、雑菌臭がしている可能性もあります。

普段、湯船につからずにシャワーだけで済ませている、運動不足である、そうした生活をしている人は、毛穴の中に汚れがたまっている可能性があります。

その汚れが臭いの原因になることがあるのです。

 

4.食生活の乱れにより皮脂の油分が多くなっている
たばこやお酒、油物やジャンクフードの過剰摂取は、皮脂が含む油分を多くしてしまいます。
そのため酸化しやすく、ノネナールが発生しやすい状態になってしまうんですね。

また、皮脂の臭いそのものを臭くする原因にもなっています。
皮脂にたばこやお酒の臭いが混じって出てくるのです。

これらの物は中年男性が多く摂取する物なので、この臭いは「おじさんの臭い」と思われやすいのです。
そうした理由から、この臭いが加齢臭だと思う・思われることは少なくありません。

どちらにしても、原因は食生活の乱れです。

 

女性の加齢臭をなくす4つの生活習慣

9d8e8cd2f8d71fa95aee23d3d68344b5_m

「加齢臭を解消しよう」と考えた人の多くは、サプリメントや石けんなどの「加齢臭対策アイテム」にてを出します。

しかし、こうしたアイテムの効果は一過性で、もし一時加齢臭がなくなったとしても、使用をやめれば元に戻ります。

加齢臭のための特別なアイテムを買わずとも、加齢臭を出さないように意識して生活をすれば加齢臭は自然と和らぎます。

そしてそうした生活が身につけば、ずっと加齢臭のないままで過ごすことができるのです。
こうした生活習慣を意識してみましょう。

 

1.女性ホルモンを増やす生活をする
男性ホルモンが優位に立っている女性の加齢臭に有効な方法です。

男性ホルモンが優位に立っている、多く分泌されていることが原因なので、それに負けないぐらいの女性ホルモンを出してバランスを取ります。

女性ホルモンを増やすといえばサプリメント・・・と考えがちですが、それでは上に書いたように「一過性の効果」しか得ることができませんね。

「女性ホルモンを増やす生活」を意識してみましょう。

ストレスによって女性ホルモンが減少している場合は、ストレスを減らす生活をしましょう。
ストレスをためておかずにうまく発散するといいでしょう。

そうしたことがうまくできない人は、「恋」をするのが一番!

胸がキュンキュンする生活をするのが特効薬です!

女性は恋をすると美しくなると言われていますが、これは恋をすると女性ホルモンが活発になるおかげなのです。

恋をする相手は誰でも構いません。
アイドルでも、アニメやゲームのキャラクターでもいいのです。

恋をして、彼を意識しながら生活してみてください。
自然と女性らしくなっていくことでしょう。

 

2.皮脂を取って、保湿する
これは、皮脂が過剰分泌されている人にとって有効な手段です。

こまめに皮脂を取ることが、加齢臭を消すことに繋がります。
朝熱いシャワーを浴びる、汗をこまめにふき取るといった皮脂対策を講じてみましょう。

しかし、ただ皮脂をこまめに取っているだけではだめなのです。

皮脂は肌を乾燥から守るために必要なものなので、取ったまま放置しておくと、また皮脂が出てきてしまいます。
しかも、「肌が乾燥している」と脳が勘違いをし、多くの皮脂を分泌させるのです。

「自分は脂性肌だ」と思っている人の多くが、保湿不足による乾燥のために起こってしまった皮脂の過剰分泌でそう見えているだけだという説もあります。

こうした状況を防ぐためには、皮脂を取った後にきちんと保湿をすることが重要です。

皮脂の過剰分泌を抑えることで、加齢臭を緩和することができます。

 

3.適度な運動を心がける・お風呂にしっかりつかる
これは、毛穴に汚れが詰まっている人に効果的な生活習慣です。

汗をかくことで、毛穴を奥からキレイにしよう、ということなんですね。

できれば、適度な運動を心がけることによって、更に奥深くにある毛穴の汚れを取り除くことができます。

有酸素運動をする習慣をつけるだけで、肌がキレイになった!という人もいるほど、運動は毛穴の洗浄に有効な手段なのです。

もし、運動する時間が取れない、運動が苦手だという場合は、運動ほどではないにしろお風呂で汗をかくことも効果的です。

お風呂はシャワーだけで済ませず、ゆっくりと湯船につかりましょう。

 

4.たばことお酒は控えて、野菜多めの食生活を心がける
たばこやお酒、油物などの摂取が多い人向けの対策です。

まず、たばことお酒は控えましょう。
できることならすっぱりやめた方がいいですが、それがストレスになってしまっては習慣になりません。

少しずつでいいのでできるだけ量を減らしていきましょう。
これだけで臭いが劇的に変化する人も多くいます。

そして、野菜中心の食生活を心がけましょう。

そうすることで皮脂に含まれる油の量が減り、サラサラの皮脂が出てくるようになってきます。

皮脂に含まれる油分が少なくなれば、酸化する油の量も減るということです。

 

まとめ・だめな生活習慣を取り除けば加齢臭も自然と消える

ef829ee39e510997cc8ff892ea43fbe8_m

「加齢臭を消す生活習慣」と書きましたが、まとめて言うと「だめな生活習慣を取り除く」ということです。

もしここに当てはまることがなかったとしても「これは体に悪いことをしているな」と自覚がある生活習慣があれば、それを改めてみてください。

それだけで加齢臭がなくなる可能性はゼロではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る