頭が臭い!頭皮の臭いを発生させる3つの原因と解消法

頭皮の臭い

彼に抱きしめられた時、とても幸せを感じる・・・と同時に

「私、臭わない?臭くない?」

と心配になる女性、かなり多いようです。

 

こういうシーンで1番気になる臭いといえば、やはり「頭皮」の臭いですね。

普段嗅がれない部分ですし、自分では嗅げない部分なので、どんな臭いをしているのかわかりません。とても不安になりますね。

 

「良い香りのシャンプーで洗ってるから大丈夫♪」なんて思っている人は要注意です。

良い香りのシャンプーで洗っていても、シャンプーで解決できる原因以外の臭いの原因を持っていると、結局臭います。

 

 自分で頭皮の臭いを確かめる方法

なかなか人に「頭皮の臭い嗅いでみてくれない?」とは言えないですよね。

けれど、自分の頭皮の臭いを直接嗅ぐことはできません。どうすれば自分の頭皮の臭いをチェックできるでしょうか?

 

それは、朝起きた時の枕の臭いを嗅いでみることです。

 

一晩、頭を置いて寝た枕には、あなたの頭皮の臭いがたっぷりしみこんでいます。

 

枕を使わない、寝ている間に頭が枕からズレてしまうという人は、頭にタオルを巻いて寝てみるといいでしょう。

100円ショップで、髪の毛に巻くようのタオルが販売されていますので、そうした物を利用して、一晩頭から外れないように固定して寝れば、翌朝頭皮の臭いがチェックできます。

 

ロングヘアの人は、髪の毛を全部巻き込まず、頭皮がタオルに触れるようにしておくのがポイントです。

 

翌朝、枕、もしくはタオルの臭いをチェックして、臭いと感じたらアウト!です。

 

頭皮臭対策を施していきましょう。

 

頭皮の臭いの原因と対策

b3ed7f26918eef16d404f7c1b8c35d83_m

「頭皮が臭い」と自覚したら、しっかり対策をしておきましょう。

彼といい雰囲気になってから香水をしても、時すでに遅しです。香水と頭皮の臭いが混ざるだけで、良い香りにはなりません。

頭皮の臭いがきつくなる3つの原因とその対策を挙げますので、自分に当てはまる事がないかチェックしてみてください。

 

皮脂が臭う

1番多い原因として、皮脂絡みの問題が挙げられます。

 

まず、皮脂そのものが臭っている場合です。

皮脂は食習慣によって臭いが大きく異なります。

皮脂は体の中から出てくる物ですから、摂取した物が関わってくるのは当然といえば当然ですね。

肉類や油物類、インスタント食品、スナック菓子など、ジャンクフードを日常的に食べていると、皮脂の臭いがきつくなってしまいます。

 

心当たりのある人は、こうした食習慣を改めるところから始めましょう。

油を使わない野菜料理を中心に摂るように心がけると、皮脂の臭いは改善されていくでしょう。

 

雑菌やカビが繁殖している

想像するとゾッとしてしまいますが・・・頭に雑菌やカビ菌が繁殖していることもあります。

 

原因としては、湿気が多い環境で生活している、もしくは髪の毛を洗った後で乾かさずにそのまま寝ているということが考えられます。

 

パッと見ではわかりませんが、実は頭皮には雑菌のエサになるような物がたくさん潜んでいるのです。

皮脂もそうですし、角質が剥がれたかす、シャンプーの洗い残しなどなど・・・ありとあらゆるものが雑菌のエサになるんです。

 

カビ菌も同じです。カビ菌は空気中を常に漂っています。

「カビが生える」という状態は、植物の種のように、どこかへ着地し、その着地した場所にカビ菌のエサになるものがあるかないか、といった点が分かれ目になります。

 

対策としては、頭皮を清潔に、そして乾燥気味に保つことです。

濡れてしまったらすぐに乾かしましょう。

 

しかし、乾燥させすぎても皮脂の過剰分泌を招く原因になりますので、必要以上に乾燥させることはありません。

部屋の湿度が高すぎる場合は、除湿機を置く、部屋の空気を頻繁に入れ替えるようにするといった工夫も必要になってくるでしょう。

 

たばこなど環境の臭いが染み込んでいる

47041399939f6708815208dec042341b_m

たばこを吸っている人はもちろんのこと、たばこを吸っている人が周りにいる、臭い環境で生活をする時間が長い人は、髪の毛にその臭いが吸着している場合があります。

 

頭の臭いというと頭皮に注目しがちですが、この場合髪の毛に対策を施さなければいけません。

環境を変えることができればもちろんそれが手っ取り早いのですが、なかなか難しい話です。

髪の毛を「臭いを吸着しにくい髪の毛」にする方が手っ取り早いでしょう。

 

臭いを吸着しやすい髪の毛は「キューティクルが乱れている状態」の髪の毛です。

剥がれたキューティクルの間に、臭い成分が入り込んでしまいます。

このような状態を避けるためには、ヘアケアを丁寧にするようにしましょう。

 

シャンプー・コンディショナーだけでなく、トリートメントを取り入れることはとても重要です。

洗い流さないトリートメントも生活に取り入れ、朝晩きっちりヘアケアをするようにしましょう。

 

これで、臭いが吸着しにくいキューティクルのそろった髪の毛を作ることができます。

 

まとめ-原因を突き止めることが重要

de61a6e45f8d0ed00d10e0edb428b8bb_m

やみくもにケアをしても、それが自分の頭皮臭の原因にアプローチするものでなければ、全く意味を成しません。

なので、まずは自分の頭皮の臭いの原因を突き止めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る